ネットワークエージェントを用いた製品のライフサイクル支援

研究概要

部品エージェントの構想

拡大して表示 部品エージェントの構想

環境問題への対応や生産の効率化をはかるためには,製品や部品をひとつずつ個別に管理することにより,効果的なリユース,リサイクルを実現するしくみが必要である。そこで,機械製品の部品に電子タグ(RFID)を貼付することで個体識別を行ない,一つ一つの部品が設計,組立,利用,保守,リユース,廃棄などの段階ごとに異なる場所へ移動するのにつれて,ともにネットワークを移動してその部品の保全に関する作業を行うソフトウェア(ネットワーク・エージェント)を設けることで,機械製品の活動をその一生にわたって支援するシステムを提案・開発している。

このページのTOPへ