生物を規範とした移動ロボットの開発

研究概要

地球上には,長い進化の中で優れた機能を有する生物が多く存在します。本研究はこれらの生物の解析を行うとともに,ロボットとして具現化することにより,人間が行くことが困難な場所の探査・検査やレスキュー,医療・福祉用機器等の様々な応用を検討しています。具体的には以下のような研究を行っております。
●ミミズを規範とした蠕動運動型ロボット
●アメンボを規範とした水陸両用移動ロボット
●カタツムリを規範とした進行波型全方向移動ロボット
●波動伝播型壁面登攀ロボットの開発
●象の鼻を模した超冗長マニピュレータの開発

研究室のホームページ

キーワード

このページのTOPへ