子会社再建のための債権放棄と寄附金課税

Exempt a Debt of a Subsidiary Company for Reconstruction of a Subsidiary Company and Taxation to a Donation

公開日:2017.04.12

発行日
2017年02月27日
概要
This thesis was studied about the reason that “The gains from forgiveness of debt a parent company supported to support a subsidiary company” isn’t made the target of taxation. In particular, a point as “Isn’t the regulation (§9-4-1 and §9-4-2) of a notification against a law?” was considered. It’s made the target of donation gold taxation about usual debt forgiveness, however, only when being specific, I’m going to exempt taxation. There is a problem that it may be against a tax law principle.
キーワード

寄附金課税

債権放棄

子会社支援

通達

損金

再建

法人税法

限定列挙

無償性

これらに類する

費用性

合理性

文献等

掲載誌名・書名:

企業研究, 第30号, pp.137-155

公開者・出版社:

企業研究所

書誌コード類:

ISSN: 1347-9938

種類
紀要
言語
日本語
権利情報
この資料の著作権は、資料の著作者または学校法人中央大学に帰属します。著作権法が定める私的利用・引用を超える使用を希望される場合には、掲載誌発行部局へお問い合わせください。

このページのTOPへ