日本におけるクラスター政策の空間構造―東北・仙台地域と九州・福岡地域の比較―

公開日:2012.12.03

経済学部 / 兼任講師

松原宏 MATSUBARA Hiroshi

発行日
2012年09月28日
概要
日本のクラスター政策としては、 経済産業省による産業クラスター計画と文部科学省による知的クラスター創成事業が、21世紀初頭から始動してきたが、「事業仕分け」等により頓挫した状況にある。クラスター政策の再構築にあたって、政策の空間構造の検討が重要と考え、本稿では、東北・仙台地域と九州・福岡地域を事例に、政策展開の歴史的経緯や政策評価にかかわる空間構造特性について検討することを試みた。産業クラスター計画では、各地方経済産業局の管轄区域内での産業立地の状況や重点地域の選定が重要な要素を構成する一方で、知的クラスター創成事業では、地域内の研究開発基盤の歴史的蓄積や海外も含めた地域外との主体間関係の進展、中核機関の経路依存性や大学を中心とした知識フローの空間特性などが、地域イノベーションの成果にかかわっていることが明らかになった。
キーワード

産業クラスター

地域イノベーションシステム

知識フロー

産業立地政策

産学官連携

地方中枢都市

文献等

掲載誌名・書名:

中央大学経済研究所年報, 第43号, pp.737-756

公開者・出版社:

中央大学経済研究所

書誌コード類:

ISSN: 0285-9718

種類
紀要
言語
日本語
権利情報
この資料の著作権は、資料の著作者または学校法人中央大学に帰属します。著作権法が定める私的利用・引用を超える使用を希望される場合には、掲載誌発行部局へお問い合わせください。

このページのTOPへ