クロロシラン共存下における低原子価サマリウム試薬によるケトン類の還元反応

Reduction of Ketones with Low-Valent Samarium Reagents in the Presence of Chlorosilane

公開日:2012.10.01

発行日
2002年03月31日
概要
Samarium diiodide (SmI2) in the copresence of chlorotrimethylsilane reduces cyclic ketones efficiently, compared with samarium diiodide alone, providing the corresponding reductive coupling products, alcohols, and their silyl ethers with the formation of enol silyl ethers. Possible reaction pathways for this reduction are discussed in detail. In addition, this paper also deals with the reduction of alkyl aryl ketones using a mixed system of metallic samarium and chlorotrimethylsilane, which leads to the pinacol coupling of ketones. The stereoselectivity of this coupling reaction is also investigated.【査読有】
文献等

掲載誌名・書名:

中央大学理工学研究所論文集, 第7号/2001, pp.37-43

公開者・出版社:

中央大学理工学研究所

書誌コード類:

ISSN: 1343-0068

種類
論文
言語
日本語
権利情報
この資料の著作権は、資料の著作者または学校法人中央大学に帰属します。著作権法が定める私的利用・引用を超える使用を希望される場合には、掲載誌発行部局へお問い合わせください。

このページのTOPへ