シクリトール誘導体を不斉源として用いたエナンチオ選択的アルキル化反応

Enantioselective Alkylation Reaction of Aldehydes with Et2Zn by Use of Amino Alcohols Derived from Cyclitol as Chiral Source

公開日:2012.10.01

発行日
2003年03月31日
概要
Enantioselective addition of Et2Zn to aldehyde was studied. Amino alcohols were prepared starting from L-quebrachitol (1L-2-O-methyl-chiro-inositol), which is a naturally abundant optically active cyclitol obtained from an exudate of the rubber tree. Whereas amino alcohols bearing primary amino moiety afforded R−isomers selectively, amino alcohols with secondary amino moiety gave S-isomers preferentially.【査読有】
文献等

掲載誌名・書名:

中央大学理工学研究所論文集, 第8号/2002, pp.59-62

公開者・出版社:

中央大学理工学研究所

書誌コード類:

ISSN: 1343-0068

種類
論文
言語
日本語
権利情報
この資料の著作権は、資料の著作者または学校法人中央大学に帰属します。著作権法が定める私的利用・引用を超える使用を希望される場合には、掲載誌発行部局へお問い合わせください。

このページのTOPへ