商用文献データベースに適用される検索モデルの評価─検索者の視点からの考察─

Evaluating Information Retrieval Models Applied to Commercial Bibliographic Databases: From the Viewpoints of Database Searchers

公開日:2018.10.30

文学部 / 教授

山﨑久道 YAMAZAKI Hisamichi

山﨑久道のその他のコンテンツ

発行日
2018年09月30日
概要
 Three major models have been applied to commercial bibliographic databases, that are the Boolean logic model, vector space model and probability model. Each model mentioned is equipped with strengths and limitations. In practical and popular operations, Boolean logic model seems to be preferred for the reason that it is simpler and more perspicuous for searchers to understand and more predictable in the process of searching operation. It is important to choose proper model for search objectives and situation which searchers are placed, that are for dailylife or academic, for idea generation or exhaustive search for patent documents.
キーワード

情報検索

検索モデル

Boolean logic model

ブール型モデル

ベクトル空間モデル

確率モデル

検索者

予見可能性

文献等

掲載誌名・書名:

社会科学研究所年報, 第22号/2017年度, pp.69-84

公開者・出版社:

社会科学研究所年報

書誌コード類:

ISSN: 1343-2125

種類
紀要 論文
言語
日本語
権利情報
この資料の著作権は、資料の著作者または学校法人中央大学に帰属します。著作権法が定める私的利用・引用を超える使用を希望される場合には、掲載誌発行部局へお問い合わせください。

このページのTOPへ