戦後の経済警察と「経済犯罪」

Economic Police and “Economic Crime” After the War

公開日:2018.09.10

発行日
2018年08月23日
概要
 In this paper, I clarify the reasons for the existence of economic police in Japan during the war, and clarify the regulatory policy and enforcement status. Focused on the fact that the economic police founded to secure economic control in the wartime period was not dismantled even after the end of the war. I analyzed the actual situation of Japan at the time when the economic police was in charge of crackdown on economic crime related to postwar economic control.
キーワード

経済警察

経済犯罪

戦時経済統制

経済治安

economic police

“economic crime”

wartime economic control

economic security

文献等

掲載誌名・書名:

中央大学政策文化総合研究所年報, 第21号/2017年度, pp.113-131

公開者・出版社:

政策文化総合研究所

書誌コード類:

ISSN: 1344-2902

種類
紀要
言語
日本語
権利情報
この資料の著作権は、資料の著作者または学校法人中央大学に帰属します。著作権法が定める私的利用・引用を超える使用を希望される場合には、掲載誌発行部局へお問い合わせください。

このページのTOPへ