人的役務提供を伴う不動産等の貸付けによる所得 ―民泊サービスに係る不動産所得該当性―

Real Estate Income from the Rendering of Service: Rental of a Private House

公開日:2018.07.02

発行日
2017年12月20日
概要
As the 2020 Tokyo Olympic Games approach, issues relating to lodging in private homes are drawing attention. One such issue is how income from room rentals should be characterized. At first glance, it appears to be a tourist service. Thus, when the service is developed on a business-like scale, it would be business income. Otherwise, it would likely be considered real estate income. However, in the past, regulators have categorized rental income as miscellaneous income. Perhaps this interpretation needs to be reconsidered.
キーワード

不動産所得

民泊

人的役務提供

シェアリング・エコノミー

不随収入

事業所得

行為性所得

旅館業法2条

所得税法26条

所得税法27条

所得税基本通達26-4

所得税基本通達27-3

文献等

掲載誌名・書名:

中央ロー・ジャーナル, 第14巻, 第3号, pp.3-19

公開者・出版社:

中央ロー・ジャーナル編集委員会

書誌コード類:

ISSN: 1349-6239

種類
紀要
言語
日本語
権利情報
この資料の著作権は、資料の著作者または学校法人中央大学に帰属します。著作権法が定める私的利用・引用を超える使用を希望される場合には、掲載誌発行部局へお問い合わせください。

このページのTOPへ