所得課税共通ルールとしての実質所得者課税の原則

Principle of Taxation of a Real Income Earner as an Ordinary Rule of Income Tax

公開日:2018.05.18

発行日
2017年09月30日
概要
The principle of taxation of a real income earner is prescribed by the Income Tax Act and Corporation Tax Act. Some observers worry about a contradiction between the principle of taxation of an actual economic beneficiary and that of an actual legal beneficiary. I think the principle of taxation of an actual legal beneficiary is proper.
The Income Tax Act and The Corporation Tax Act refer to“profit gotten from a thing”and“profit gotten from an action.” To judge“profit gotten from a thing”by ownership in property seems appropriate.
キーワード

所得税法12条

法人税法11条

実質所得者課税

法律的帰属説

経済的帰属説

法的実質主義

経済的実質主義

東京地裁平成26年5月21日判決

横浜地裁平成13年10月10日判決

課税物件の帰属

租税法律主義

「収益」概念

文献等

掲載誌名・書名:

中央ロー・ジャーナル, 第14巻, 第2号, pp.69-102

公開者・出版社:

中央ロー・ジャーナル編集委員会

書誌コード類:

ISSN: 1349-6239

種類
紀要
言語
日本語
権利情報
この資料の著作権は、資料の著作者または学校法人中央大学に帰属します。著作権法が定める私的利用・引用を超える使用を希望される場合には、掲載誌発行部局へお問い合わせください。

このページのTOPへ