「あるがままの自然」としての舞台装置 ─バロック期における「劇場〔=演劇〕」の比喩に関する研究ノート─

Bühnenkulissen als „die Natur, wie sie wirklich ist“ ─ Ein Forschungsbericht zur metaphorischen Verwendung des „Theater“-Begriffs in der Barockzeit ─

公開日:2018.04.11

発行日
2018年02月28日
文献等

掲載誌名・書名:

ドイツ文化, 第73号, pp.57-88

公開者・出版社:

中央大学ドイツ学会

書誌コード類:

ISSN: 0286-7729

種類
紀要
言語
日本語
権利情報
この資料の著作権は、資料の著作者または学校法人中央大学に帰属します。著作権法が定める私的利用・引用を超える使用を希望される場合には、掲載誌発行部局へお問い合わせください。

このページのTOPへ