私たちを助けてくれたベルリンっ子たち ―ユダヤ人を救った人々(10)―

Die Berliner, die uns halfen, die Hitlerdiktatur zu überleben

公開日:2017.11.16

発行日
2017年09月30日
概要
 前回に引き続き,今回も救われた側のユダヤ人の体験記を紹介する。ベルリンで夫とともに地下潜行生活を2 年半あまり送ったイルゼ・レーヴァルトの講演である。彼女は,母親など近親者が強制収容所に全員強制移送されたあと,「地下潜行」を夫とともに決意し,決行する。彼女と夫は,ユダヤ人共同体,共産主義者や社会主義者,自由主義者などの強いネットワークを持っていなかったので,いわば出たとこ勝負的な「地下潜行」であった。しかしながら,地下潜行前の知人たちだけでなく,知人に紹介された見も知らぬベルリン市民たちに支えられ,彼女と夫は長期間にわたる「地下潜行生活」を無事に送って,ドイツの敗戦を迎えることができた。特別なネットワークがなくても生き延びることができた彼女の体験記は,逆にそれだけ多くの普通のベルリン市民が,純粋な人間愛からユダヤ人救済に危険を冒して取り組んでいたことを証明するものである。
キーワード

ホロコースト

潜行ユダヤ人

見も知らぬ救済者

人間愛

文献等

掲載誌名・書名:

人文研紀要, 第86号, pp.111-127

公開者・出版社:

人文科学研究所

書誌コード類:

ISSN: 0287-3877

種類
紀要
言語
日本語
権利情報
この資料の著作権は、資料の著作者または学校法人中央大学に帰属します。著作権法が定める私的利用・引用を超える使用を希望される場合には、掲載誌発行部局へお問い合わせください。

このページのTOPへ